Overblog Follow this blog
Edit post Administration Create my blog
adental.over-blog.com

東武東上線鶴瀬駅から徒歩5分の場所に大月デンタルケアはある

まず驚くのは、4階建てのビルが丸ごと歯科医院になっていること。1階は総合受付と保育施設、託児施設が占め、2階は『おおつキッズ』と名付けた小児診療のスペースとインプラントなどの専用治療スペース、3階が一般歯科で、4階が予防ルームとフロアごとに機能が分かれている。歯科用オイルレス

 

スタッフは総勢60名。大月院長を含めた歯科医師が4人、歯科衛生士22人、歯科助手5人、受付4人に加えて、1階の保育託児施設に常駐する保育士が3人…といった具合だ。個人経営を営む歯科医院が大半を占めるこの業界にあって、これだけ大規模な設備を整えている民間医院も珍しい。

 

歯科衛生士の数が突出して多いのは、同院が“予防型”の歯科医療を主軸にしているためだ。歯科における予防医療とは、簡単にいえば虫歯にならない口腔環境を作り、これを維持すること。「当院では、できるだけ歯を削らずに保存する」(大月院長)のだという。レジン材料

 

歯を削る治療より、歯を削らない予防を重視する理由について、大月院長はこう話す。

 

「私は大学を卒業して以来、歯周病に興味を持ち、外科処置、インプラント、成人矯正などを専門としてきました。しかし、数年経つと、いくら治療をしても定期的なメンテナンスをしないと必ず元の状態に悪化してしまいました。

 

現在わかっていることは、一度歯を削るとそこに段差ができて再び虫歯になる。そしてまた削り、どんどん歯は削られてなくなっていくということ。それは治療といえるのでしょうか? そうではなく、歯は削らなくて済むように予防する。それでも治療が必要になったら、再発を起こさないように良質な治療方法を提供するというのが大切です」

 

http://athenadental.exblog.jp/25657006/

Share this post

Repost 0
To be informed of the latest articles, subscribe:

Comment on this post