Overblog Follow this blog
Edit post Administration Create my blog
adental.over-blog.com

工藤会系元幹部、元警部ら銃撃で殺意否認「死なないように脚を狙った」 福岡地裁、最終弁論

 特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)が起こしたとされる元警部銃撃など3事件で組織犯罪処罰法違反(組織的な殺人未遂)などの罪に問われた元組幹部中田好信被告(42)の公判が12日、福岡地裁(丸田顕裁判長)であり、弁護側は最終弁論で「いずれの事件でも殺意はなく、傷害罪にとどまる」と主張した。歯科用オイルレス

 

 最大の争点となっている工藤会トップ野村悟被告(70)ら上層部の関与を示す証拠もないとした。検察側は4日の公判で無期懲役を求刑している。レジン材料

 

 中田被告は元警部銃撃と歯科医襲撃の実行役、看護師襲撃では実行犯の送迎役とされる。弁護側はこの点は認めたが、「銃撃事件では、死なないように脚を狙った」などと述べた。

 

 起訴状などによると、中田被告は野村被告の指揮命令に基づき、工藤会捜査を長年担当していた元福岡県警警部を平成24年に銃撃、26年には港湾利権に絡んで漁協幹部の親族だった歯科医を襲撃したとされる。野村被告が受診した美容整形クリニックの看護師が25年に刺された事件にも関与したとしている。

 

http://athena.shiga-saku.net/e1366211.html

Share this post

Repost 0
To be informed of the latest articles, subscribe:

Comment on this post