Overblog Follow this blog
Edit post Administration Create my blog
adental.over-blog.com

自分のクリニックで実際に便利に使えるようにするには

 医学部でiPadを使いこなすようになった若手医師たちは、それを自分たちの診療所や、全米の救急救命室で使い続けようとしている。2012年のインタビューで、Gawande氏もそれを認めていたが、警告もしている。歯科用オイルレス

 

「私はiPadをあちこちで使うが、だからといって、すぐにクリニックの運営の一部になっているわけではない。自分のクリニックで実際に便利に使えるようにするには、かなり努力しなければならないだろう。例えば、X線写真と過去の病歴の間を行き来できるようにする必要がある。私は主にガン患者を診察しているので、X線写真から臨床検査の結果、ほかの医師が以前残したコメントまで、手元に用意する必要のある患者の記録は40ページ分になるだろう」レジン材料

 

 筆者が受診した歯科診療所では、個人情報を診療所のシステムに入力し、確認して、iPadを戻した後、歯科衛生士に自分の治療歴について説明した。その話を聞きながら、歯科衛生士はコンピュータ画面上にある筆者の新しい患者記録に目を通していた。筆者の歯や歯肉について話し合いながら、歯科衛生士は患者記録のいくつかの項目を更新したり、キーボードから情報を追加したり、筆者が強調した、特に心配な点について確認したりした。筆者が経験したのは、紙をベースにしたシステムよりもはるかに優れた方法だった。iPadを使用している研修医も効率の向上に気づくということを示す研究が、少なくとも1つある。タブレットに1点加点しよう。

 

http://athena.shiga-saku.net/e1362394.html

Share this post

Repost 0
To be informed of the latest articles, subscribe:

Comment on this post