Overblog Follow this blog
Edit post Administration Create my blog
adental.over-blog.com

虫歯は自己責任、全額負担を避けるために予防意識が根付くノルウェー--Part2

620日、ノルウェー統計局が歯科診察における調査を発表。驚いたことに、18才のうちの4人に1人が、一度も虫歯ができたことがないと回答した。「2016年、18才の24%の歯に、カリウス君とバクトゥス君が訪問することはありませんでした」と統計局は記載。ここでも虫歯兄弟が引用された。歯科インプラント

 

石油ガス資源からの潤った財政、高額な税金を払う国民がいるからこそ成り立つ、豊かな福祉サービス。だが、誰もに医療費無料ではない。(家で寝ていれば治る)風邪ごときでは診察してもらえず、病院の受付で相手にしてもらえない(日本での普通が普通だと思っていると衝撃をうける)。国民が健康なうちの定期的な健康診断という概念もないため、病気の発見が遅れることもあるかもしれない。虫歯の原因は歯磨きを怠ったことが原因なので、その人たちはサポート対象とならず、「本当に重症な患者」が優先されるのだ。歯科用インプラント機器

 

18日付けのアフテンポステン紙と統計局によると、収入が低い人ほど、歯医者に行こうとしない傾向があるとされた。

 

統計局の「社会格差における保健サービス」レポートでは76%のノルウェー人が自身の歯の健康状態は良いと回答。一方、歯医者に行く必要があるにも関わらず、歯医者に連絡をしない理由として、対象者の半数が金銭的な理由をあげた。同レポートによると、ノルウェーでも隣国スウェーデンでも、必要なのに歯医者に行かない人のグループの共通点は低収入低学歴とされている。

 

http://www.musublog.jp/blog/oeney/?entry_id=69404

Share this post

Repost 0
To be informed of the latest articles, subscribe:

Comment on this post