Overblog Follow this blog
Edit post Administration Create my blog
adental.over-blog.com

外出中は唾液で中和を

 外出していて歯磨きできない場合は、口の中を中和することが大事なので、例えば和食なら、最後に漬物を食べるといいでしょう。漬物は砂糖が入っていませんし、繊維質ですから、唾液がどっと出ます。唾液には中和力があります。そして、お茶をぐっと飲んで流してもらえばいいわけです。

 

 キシリトールガムを噛むことも、お勧めです。キシリトールは、虫歯の元になる「酸」を作りませんし、唾液の分泌を促すので、食後に歯磨きができない場面で活用するといいでしょう。led光照射器

 

 食後、30分ほどあけて歯を磨いた方がいいという意見もありますが、それは、食事によって口の中が酸性になり、唾液の力で中和されるまでに30分ほどかかるから、その間は磨かない方がいいという考え方なのですが、基本的には食後すぐに磨いた方がいいと思います。虫歯になりやすく、口の中がいつまでも酸性に傾いている人は、食後にキシリトール入りのチューインガムなどを噛み、自分の唾液を出すことで中和のスピードを高めたうえで、磨けばいいと思います。また、唾液を出すためには、よく噛むということが大事です。歯科口腔内カメラ

 

 歯間ブラシは、ブリッジを入れた歯や、歯周病が進行して歯と歯の隙間が大きくなってしまった場合に使うものですので、とくに歯科医師の指導がなければ、歯ぐきが健康な人では使わなくていいのです。前歯に使うと歯ぐきが下がってしまいますから、素人判断で使用せず、専門家の指導のもとで行ってほしい。歯ぐきは下がったら元に戻りません。前歯にはフロス(糸)を使うようにしましょう。歯間ブラシを奥歯に使う場合も、そっと歯の間に入れて、あまりにきついようなら無理をせず、小さなサイズに変えてください。若くて健康な歯ぐきの人は、あえて歯間ブラシは使わなくていいのです。

 

 口の周りの血管マッサージも、有効だと思います。

 

 私は歯が弱いので、自分自身の歯を健康にしたくて、どうしたら歯根膜に新鮮な血液が行くだろうかと考えて、「口の周囲の血管を押す」ということを考えました。歯ぐきのマッサージではありません。頬の内側に歯ブラシの柄などをあて、手のひらと歯ブラシの柄の先端部で頬の筋肉をはさむように血管をじわっとゆっくり押すのです。学問的裏付けはありませんが、歯根膜に新鮮な血液を届けている可能性が高く、私の患者さんも、このプッシュマッサージをすることで歯や口が健康になっています。

 

http://www.musublog.jp/blog/oeney/?entry_id=68464

Share this post

Repost 0
To be informed of the latest articles, subscribe:

Comment on this post