Overblog Follow this blog
Edit post Administration Create my blog
adental.over-blog.com

異例の文科省官房長再任…天下り問題で昇任凍結

 文部科学省は11日、幹部人事を行い、新体制をスタートさせた。

 

 再就職あっせん問題や学校法人「加計かけ学園」の獣医学部新設問題で混乱した省の立て直しが急務となる。歯科インプラント

 

 異例の人事となったのが官房長ポストだ。2015~16年にも務めた経験がある藤原誠氏が、初等中等教育局長から再起用された。再就職あっせん問題で懲戒処分を受け、昇任凍結中という個人的事情もある。一方、藤原氏は教育行政全般に通じており、「省内の統治強化を託されての再登板」(省中堅)と見る向きも多い。再就職あっせん問題で懲戒処分を受け、官房付となった藤江陽子氏と藤原章夫氏は、それぞれスポーツ庁審議官と文化庁文化部長に就いた。歯科用インプラント機器

 

 加計学園問題では内部文書流出が相次いだが、戸谷一夫次官や小松親次郎文科審議官は留任し、両氏と常盤豊生涯学習政策局長(前高等教育局長)への口頭での厳重注意にとどまった。省内には「首相官邸はムチよりアメを選んだ」(幹部)と安堵あんどの声が広がっている。

 

http://www.musublog.jp/blog/oeney/?entry_id=68735

Share this post

Repost 0
To be informed of the latest articles, subscribe:

Comment on this post