Overblog Follow this blog
Edit post Administration Create my blog
adental.over-blog.com

がん転移のステップとして知られる上皮間葉転換

東京医科歯科大学は6月22日、独自のEMT可視化システムとマイクロRNAライブラリーを組み合わせることにより、上皮間葉転換(EMT)を制御するマイクロRNA(miRNA)を同定したと発表した。この研究は、同大難治疾患研究所・分子細胞遺伝分野の村松智輝助教、稲澤譲治教授ら研究グループによるもの。研究成果は、国際科学雑誌「Scientific Reports」オンライン版で発表されている。外科用インスツルメント

上皮間葉転換(EMT:Epithelial Mesenchymal Transition)は、がん転移のステップの一部として知られている。EMTは、上皮系の細胞が、間葉系形質を獲得する現象であり、間葉系形質を獲得したがん細胞は移動・浸潤能が亢進し、がん転移を起こしやすいと考えられている。EMTを促進する遺伝子やEMTとは逆方向の間葉系形質から上皮系形質へ誘導する(MET:  根管材料電気加熱注入器 Mesenchymal Epithelial Transition)遺伝子も、数多く報告されており、その分子機構は徐々に解明されてきている。

 

中1の虫歯、全国最少はあの県 17年連続達成の秘密は

Share this post

Repost 0
To be informed of the latest articles, subscribe:

Comment on this post